21歳のお正月

2016.06.13

Comments Off on 21歳のお正月

着物と女性

着物と女性私が振袖を身に着けたのは、20歳の成人式、21歳のお正月そして、2歳年の離れた弟の結婚式の3回のみでございます。

21歳のお正月の時の話であります。

友達の知り合いが、着物を着付けてお正月三が日をもたせたという話しを耳に致しました。

私は、自分で髪の毛のセットおよび、着付け等に関する物は一切出来ない人間です。

着物に関して、20歳の成人式の時に近所の美容室的なお店で、年配の美容師さん₍女性₎に髪の毛のセット、着付け、頼んでもいない髪の毛のカット等々で20数年前、8万円も料金がかかり、当時世間知らずだった私は、成人式の着付けってこんな物?と何も疑わずに支払ってしまいました。

成人式が終わり、8万円もかけて着付けた頭、着物、一日で全部ほどいてしまうのは、とってももったいなあと思っておりました。

話は戻りまして…

成人式の一年後の21歳のお正月、せっかくローンを組んで購入した振袖一式等をタンスの奥に眠らせておくのは少々もったいないと思い、昨年度とは別に近所の美容室的な感じのお店で着付け、髪の毛のセットをお願いする事に致しました。

またお金の話になり大変恐縮でございますが、この時に掛かった料金は髪の毛のセットが約1万円程、着付けの方が約2~3万円だった様に記憶致しております。

前回と違うのは、髪の毛のセットと着付けが別な方にやって頂いた事です。

21歳のお正月の時に私は、上記に書いた様な、着物の着付けを3日間もたせた猛者がいらっしゃるとの話を耳にしたので、美容室の方にお願いして髪の毛の方はともかく、着付け3日間もたせたいとの旨をお伝え致しました。

着付けの担当に方は「2日もたせたいという方は、ごくマレに見かけますが、3日間ももたせるなんて、あなたそれは正気の沙汰ではないですよ。」と強く反対されました。

でも何とかお願いしてギュンギュンにきつくきつく、色々なヒモ関係の物やら、帯やらを有り得ない程にきつく縛ってもらい何とか着付けの方は終了致しました。

きつくしばり過ぎた状態での振袖での外出は、想像以上にきつかったです。

途中で吐き気を催し、でも着付けは自分では出来ないし、自宅へ戻るまでの間は本当に地獄でした。

結果、早朝に着付けしてもらった着物もセットしてもらった髪の毛も、その日の内に全てほどいてしまいました。

大変くだらないエピソードで失礼致しました。

Related post

Comment are closed.

WordPressテーマ「Dynamic」

Calendar

June 2016
M T W T F S S
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Category