結婚後の近所挨拶へ着物で行った時の話

2016.06.13

Comments Off on 結婚後の近所挨拶へ着物で行った時の話

着物と女性

着物と女性私が最近着物を着たのは、結婚後、義実家のご近所さんたちへの挨拶回りでした。

私自身も義母も着付けは可能なのですが、長距離を歩くことや、色々な方に見ていただくという面から、おばあさまが一人でされている小さな古めの美容室で着付けとヘアセットを行うことにしました。

ピンクの訪問着には和花があしらわれ、金の帯には繊細な鳳凰が描かれています。ちりめんの帯揚げは大胆な梅のモチーフ。

義母と相談して、着物全体で春をイメージできるようコーディネートしたのを覚えています。

実際、春らしい爽やかで少し寒さの残る気候が着物とマッチして、本当に春の訪れを予感させるような仕上がりになりました。

詳しくは書けませんが、私は日本の伝統文化を支える家へ一般家庭から嫁ぎましたので、ご近所の方々は私の一挙手一投足に非常に注目していらっしゃいます。

行く先々で着物を褒められましたが、私は慣れない着物に歩くのも精一杯。

どうしても足を上げて歩くというよりは、すり足に近いような歩き方になってしまいますので、皆様の前で派手に躓いて転びそうになり、本当に情けなく恥ずかしかったです。

この時、着物を普段から着用して体になじませねばならないのだと痛感しました。

次に着物を着るのは、華展や茶会の場面となるでしょう。普段から着物を着なれた方々が一堂に会する機会ですので、日程も決まっていないのに今から緊張しています。

それまでにきちんと着物を着こなせるよう、常々慣れておかねばなりませんね。

Related post

Comment are closed.

WordPressテーマ「Dynamic」

Calendar

June 2016
M T W T F S S
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Category