一度きりの振袖

2016.06.13

Comments Off on 一度きりの振袖

着物と女性

着物と女性二十歳になる少し前、成人の記念に振袖をあつらえて貰いました。

といっても、私の住んる地域では夏に成人式をするので、せっかくの振袖は着ることが出来ませんでした。

成人の記念に写真だけは残しておこうと、式の後に家族で記念写真を撮る事になり、お願いしていた写真屋さんで着付けをしてもらいました。浴衣などは、何とか自分で着る事ができましたし着る機会も何度かありましたが、本格的な着物を着付けてもらうのはその時が初めてです。

言われるまま、腕を上げたり回ったり、タオルをぎゅうぎゅう押し込まれたりしながら、どんな風に仕上がるのかワクワクして待っていました。

いざ完成して鏡の前に立ってみると、華やかな着物の上に子供が化粧をしたような、お洒落に不慣れな顔がはにかんでいて、お世辞にも似合っているとは言えずちょっとがっかりしたのですが、それでも周りの人に褒めて貰うと嬉しかったです。

振袖はその後着る機会もなく、母の箪笥の中に仕舞われたままになりました。

袖を直して訪問着にして着るといういう手もあったのですが、振袖を着る年齢に合わせて華やかな柄を選んだので、直しても出番は少ないだろうということでそのままにしておきました。

流行もありますし、時間が経つほど着る機会は失われてしまうのですが、たった一度着ただけでも思い出の着物です。

いつか娘が、この着物を気に入って袖を通してくれたらいいな…と成人式に着飾った娘さんたちを見て思ったりしています。

Related post

Comment are closed.

WordPressテーマ「Dynamic」

Calendar

June 2016
M T W T F S S
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Category